2013年12月31日

笑顔で生きられた 父へ


世の中には、先頭を走る人もいれば


後からついていく人もいる



道端の花を見て


健気な美しさに


そっと 声を掛ける人もいれば


邪魔な草と 文句を言う人もいる


2013Yuko.T.JPG




「みんな それぞれの価値観だなぁ」


父の そんな口癖には


いつも ニコッと 笑顔がついてる


そんな姿が いまでも 記憶に残る


 


私の リーダーシップ人生も


波乱万丈だったけど


何一つ 文句を言わない父に


いま 多くの事を 学んだ気がする


katsu1998com1.jpg



いちばんの 想い出は

 
1980年 座ってミシンを踏んでいた時代

立って ミシンを 扱おうと


そりゃ 創意工夫、

想像を超える世界

ほんとうに 楽しかったね


時代の流れと共に


中国へも ミシンを持って 渡ったね


あの頃、食料も ない中


川で捕まえたフナに味付けしたよね、


ほんとに まずかったのに


美味しいねと 笑って食べたよね


人間 が

本当に 賢く生きるとは


笑って 生きること ・・・


父の人生を 振り返ると


それが 私に 残した 財産だと思う

 
 

若い頃から

私が イヤな顔をすると

美しい モノと 醜い モノ


そこに 違いはないからと


そう簡単に 決めつけるなよと・・笑顔


その教えは、知らぬうちに


身に付いてた気がする


いま 貴方が父であったこと


深く感謝しております。



享年80歳で 人生を終えられた 父


今 その歳を 超える時が


とても 楽しみになりました。




chitose-201204.JPG



 


2013年も アトリエを通じ多くの方に


出会えましたこと 深く感謝致しております




どうぞ みなさま 良い年をお迎え下さい


ほんとうに ありがとうございました。

2014年も どうぞ宜しくお願い致します。


katsu mizutani.

posted by katsu mizutani at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自足に 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83584667
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

katsu20130920jp.JPG