2013年10月13日

チャイナドレスは 時代を超えても シンプルで美しい、そんなドレス作りが 私の原点ですね


チャイナドレスを通じた

不思議な 出会い ・・・



何度、創っても 一人ひとり

チャイナドレスの 顔は違う ・・・




本当に ・・・


不思議な 魅力を感じます


 

エスニックの中に 清楚感がある


そんな空気を 醸し出せるところが


私は、好きですね。




どんなドレスfが 並んでも


自分の個性は 主張する


そんな ドレスの顔が 魅力ですね




いま 改めて


オーダーメイドの世界で


生きれることに 感謝したい


 

yuukotoyoda2013.JPG

Yuuko.T / Chemical Silk lace. 2013.10.




今回は、ずっしり 重量感ある


ケミカル シルク レースにて


創らせて頂きました


インナーには シャンパンゴールド


シルクサテン、内側 スリットにも


ゴールド ブレードを 装飾しました


 


このドレスが、時代を超えて


次世代も 輝いてくれる ・・・


そんな ささやかな 想いを込めて


仕上げさせて 頂きました。


 

私の仕事は、オーダーメイドですが、


畑の野菜作りと、同じです。




畑の野菜は 愛情を込めると


美味しさに 表れます




いまは、ファーストフードという


均質化された 感覚が主流 ・・・


流行も その仕組みが届けてくれる



自ら創る興味も、次第に薄れていく時代


若い人たちは 今の環境が


恵まれているとは考えないでしょうし




自然に囲まれた、昔の環境を


うらやましいとも思わないでしょう


それを比較する必要はないですが


みんな一人ひとりの 個性があって


それでいて、ひとつの集団が 成り立つ


 

日本人は、器用だから


世界中の人たちと


個性を活かした 取組みができる


そんな心意気を目指してほしいですね


2013rubisoba.JPG



すべての原点は


種をまき、モノを創り出す


その感覚を 大切にしてほしいですね



katsu mizutani.

posted by katsu mizutani at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自足に 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78083892
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

katsu20130920jp.JPG