2013年09月12日

飛騨白川郷の大自然は いつも平然とし古と同居する、威張ったような主張もしない、そんな偉大な 豊かさを感じます

飛騨白川の大自然は

いつも平然とし古と同居する

都会のような威張った主張もしない

そんな先人の知恵と暮らす人々

とても偉大な豊かさを感じます


image-7.jpeg



山の向こうから 朝日は昇り

一日を終え 夕日が沈む


IMG_3896.JPG


ここは 大雪だって降る

台風もくる

大自然の力は 脅威だが

そこに住む 村人は

合掌造りと共に 共存してる



IMG_3974.JPG



それに比べたら

都会のゴタゴタした 問題は

人間社会の 強欲にも感じる



IMG_3987.JPG



山の囲まれた 村落には

愚直に生きる 勇気がある



子供たちの 眼は輝き

山の向こうには 憧れもある



IMG_3936.JPG



辛抱 強く 生きる 瞳には

大きな愛を 抱かせる




IMG_3947.JPG


都会でも 自我に 執着しないで

水のように生きたらいい

水は 高い所は望まないし

人が 好まない所でも

争いを避け 流れ込んで行く


image-6.jpeg



甘みもないけど

正直な 味がある



水のように生きたら

また 新しい自分を

見つけられると想うよ




IMG_3986.JPG



素のままの自分で生きる


それが自分の幸せを


見つけられる方法かなぁ



IMG_3984.JPG


都会でも 村落でも

幸せは 自分の手の中にあるよ



katsu mizutani.




posted by katsu mizutani at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自足に 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74729894
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

katsu20130920jp.JPG