2013年08月29日

夜行バス、素敵な思い出になりましたぁ、豊田ファミリーの皆さまに感謝。

深夜、24時05分発、東京行き

六時間、長い時間をかけて移動しました

20130821basu.JPG



若い頃は、田舎を 離れるだけで 嬉しく


長い時間の移動も 憧れでしたね


でも、社会に 出れば、


スピーディな 仕事が求められ


時間は、お金に 換算された


それが 財産のように 想わされる

時代背景も変わ リニアでは

東京〜名古屋間を 40分時代へ




事業も それと 同じように


売上が 価値に 想ってしまう




若い頃から、そう 教わってきたし・・・


そこに 生きがいも 感じていた




ただ、いま 残りの人生を考えた時


それは 全く 価値のないモノに 見えた。




その結果、深夜バスでの 往路となりました

東京滞在は、12時間、移動も12時間


正直、めっちゃ、きつかったですね。




ただ、若者で 満員のバス


その 寝顔を見ると


私だって まだ 負けない・・・・


そんな 空 元気に 溢れましたよ。


やっぱり、男は タフマンでなきゃ・・・ ね。




今回は、豊田さま ファミリーに


本当に お世話になりました


心から 感謝いたしております。


20130821yokohama.JPG



贅沢な サポートに

私は、修学旅行気分でした〜

横浜 赤レンガ倉庫 では


最高の パンケーキを頂きました


ありがとうございました・・・初体験です。


 


やっちゃんに、ゆうこさん、


ようちゃんに、しょうこちゃん、


皆様に お会い出来ましたこと


本当に 嬉しく思います。



みんな それぞれ 自分らしく


毎日を 明るく


笑い 転げて 生きてくださいね


みんな 大好きです。




ようちゃん、しょうこちゃんの人生は


これから ですね


人生、学びながら 進めば


何度でも やり直しはできる


いつも 謙虚に 学べば 前に進みます




私が 二人に 贈る言葉があるとしたら


そうだね 〜 ようちゃんには、


「 お金の 奴隷には ならない 」

そんな言葉を 心の隅に 留めてほしい

 
お金は、不思議な 生き物ですからね


幼い頃、ばあちゃんに貰った 100円も


今の 100円も 何にも変わらない


それは、自分の心が変わっていくだけ。




これから、ビジネスを通じ 稼ぐことは


面白いと 感じる時は、ありますよ


でも、本質は 稼ぐ事ではない


その向こうにある 人の幸せですよね


どんなに 波に乗ったビジネスでも


10年で 完結すると考えましょう


人が お金を出す本質を 忘れると


将来の マーケットは見えなくなりますよ


最近は、売上を作るために


メガ盛り、大盛り、お得感で 売上を競う

 
もう市場は、泥沼試合になってますね
 
使い捨ても、平気な感覚・・・・
 
ただ消費者の購買意欲を煽り
 
目先のお金を稼ぐ企業・・・・
 
そんな市場価値を創りだすことは
 
容易ですが、戻ることは、簡単にはできない
 
 
親を見て、子供が育つように
 
価値観を育てるには、時間が必要ですから・・・
 
 


人間として、日本人として

 
本当に価値のある提案で

お金を 生み出してほしいですね



そして、常に 日本人の価値観にも

疑問を 持って欲しいですね 


ようちゃんには、人間としての


フィロソフィを しっかり 持ち続けた


ビジネスマンになってほしいですね。




20130821shoko.jpg

しょうこちゃんには

 
いつも 笑顔を忘れずに


「 シンプルに 生きて 」 ほしいですね

 
  

お手本は、一番身近な ママですね。


しょうこちゃんは、どんな夢を描くだろう


想い描けば、何にでもなれる


純粋に それを信じたらいい。




二人には、そんな願い込めたいですね


帰りのバスの中は、

本当に 感謝の気持ちで いっぱいでした。


ありがとうございました。

 
お二人の成長を楽しみにしております
 



人生は、自分で決めて


自分で歩く、自分に 責任もある


それが 幸せだと 私は想っています




どうぞ、焦らずに


自分の 生き方を 愉しんでくださいね。


20130821yuko.JPG


( みなさん、カロリーを考えて食べましょうね )

ありがとうございました。


katsu mizutani.

 
 
posted by katsu mizutani at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自足に 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73580079
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

katsu20130920jp.JPG