2012年09月07日

お金がなくても パリは 優雅ですね


私の住む街は、田舎ですから

雨が降り始めると


田畑の あぜ道には カエルが


飛び出し・・・ 合唱ですね。

そんな空気に馴染み

呑気に暮らしていますが・・・・




IMG_1469.JPG


  (ここは安曇野、私の自宅ではございません)




不思議と 都会へ出ると


人の流れに押されるように

あわてて、歩いてしまう



ゆっくり歩けば・・・と思うのですが


心の時計まで、都会の空気に

ピタッと合わせてしまう



でも、なぜか パリへ行くと


都会のビジネスマンでも


違う空気が漂っている 〜 気がする


 


目的も持たずに、ぶらぶら街を歩く


急がずに、行き当たり ばったり


その感覚が 取り戻せる


パリは、そんな 気がします。


 



私の好きな 呑気な パリを


微かな記憶を頼りに ご案内します



よろしかったら、妄想してみてください



まずは、



パリの12区に ・・・ 「マルシェ・ダリーグル」


Marche d'Aligre  という 市場がございます


野菜から 花まで、とにかく安く


とっても 庶民的な雰囲気が、大好きです


日本では、店頭に出れない、曲がった野菜たちも


泥だらけの見た目が汚い野菜も


我こそはと、みんな堂々と並びます


日本のマーケットも、そうありたいですね



マルシェの 隣りに 「ル・バロン・ルージュ」 という


ビストロがございます ・・・  Le Baron Rouge.



店内は、いつも満員状態ですので、


外の大きな樽脇で、みんな立ち席にて


ワインと生ガキを頂くのが、この店の雰囲気



生活の中に 人と気軽に ふれあえる


空間が いいですね


名古屋でいうと、駅裏の串焼き


立ち飲み屋 ・・・ かなぁ


 


フランス誌に こんな記事がございました


最近は、バカンスを取りながらも


費用のかからない公園で過ごす


そんな方が、50%を超えたそうです



不況の雰囲気で、地味バカンスですね


フランスの若者は、お金がないからと


すごく賢く、それも愉しそうに遊ぶ



まず今年の夏は、


あなたの実家へ行こう


食費も 宿泊代も


おばさまにお世話になっちゃう



正月は、私の実家へ行こう


友人同士、訪問ごっこで


・・・経費削減、って感じですね。



でも日本の若者は、


自分の田舎は何も無いから・・・


おふくろが、うるさいと・・・


拒む人も多いかもね



ホームパーティーの習慣が


無いのも 影響してるかな


何でも自分で作り、


あるモノを活かして遊ぶ


それが、貧乏パリジャンの


得意ワザって感じ ・・・


 


すみません、 案内に戻ります



リトル・インディアとも呼ばれる10区


インド、パキスタンのレストラン、


たくさんの 食材店が並ぶ



「パッサージュ・ブラディ Passage Brady 」


安くて本場のインドカレーが愉しめますね



18区のアラブ人街、


5区のイスラム教寺院のカフェ、


10区のアフリカ人街、13区の中国人街


街を歩いて、異国文化に出会える


不思議な魅力も、パリですね


 


お金が無くても、ただ歩く・・・


そんな 街の風景との出会いだけで


愉しい時間を過ごせるのが、


パリの魅力かもしれませんね



日本でも、目的を持たず・・・


のんびり歩けば


同じだと思うのですが、


つい時計を見てしまう ・・・



でも、私には、やっぱり


日本の田畑 ....


この デコボコあぜ道が

一番、似合っていますね。

このカエルも

やっぱり 呑気でしょ


 2012 kaeru.JPG

katsu mizutani.


 

posted by katsu mizutani at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | France Paris
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58082421
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

katsu20130920jp.JPG