2012年08月15日

終戦記念日8.15, みんなが 後世に伝える責任もある


幼い頃、ばあちゃんに

日本は小さいけど強い国

そう 語り 継がれてきた。


私にも 次世代の子供たちへ

伝える 責任がある。

20120813himawari.JPG


日本の美しい 南の島に

種子島があります。

当時、小学生は、全校で12名

みんな 真っ黒でね

・・ 目が輝いてた。


夜は、まったく明りがない世界

見たこともない星の数

種子島の友人が、子供に黒潮を

見せるのも 親の役目と言います


小さな漁船に子供を乗せ

想像もつかない巨大なうねり

あざ笑うような波は、

甲板に踏み込んでくる


子供は、舵を握る親の顔を

じっと見つめている

そこに 親子の会話はない。


子供が大自然から、

何かを感じとる顔が・・たくましい

親が子供に 伝えたいことは、

いっぱいあるけれど

自分の力で歩んでくれれば、

それでいいと言う


俺も そう 育てられた ・・・。

ぶっきらぼうな 彼は そのひと言。

azumino2012.JPG


この島に 十分なものがないから

親は 額に汗をして作る

子供は、その姿を見て、

自分の遊ぶものは、自分で作る

買いなさい、捨てなさい・・・

そんな感覚は、この島にはない。


一年生の子供たちが、

運動場で 5年、6年生の

お兄ちゃん達の授業が終わるのを

・・・・ 待っている


何をするのも

いつも、いっしょの 12名


それが 自然だった 日本文化も

残していきたいですね。

20120815hana.JPG



ばあちゃんに 教わった

日本人は、決して あきらめない

小さいけど強い国


あの終戦記念日から

日本は、立ち上がったんだから

心の美しい 日本人の文化も

受け継ぎたいね


みんなで ばんばろうね。


katsu mizutani.

posted by katsu mizutani at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自足に 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57595193
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

katsu20130920jp.JPG