2015年01月23日

この時代を生きて想う

20150123katsu

この時代を生きて想う


人は みんな純真無垢な 心で

この世に 現れるんだと想う


年を重ね 経験も増し 肩書きも付く

次第に 人間関係も 複雑になり

知らず 知らずの内に

純真な心は 消えていく気がする


50歳を過ぎた辺りから

自分の人生にも

終わりがあると感じるようになった


心の汚れに気がつき始めたのも

この頃だと想う


誰の命にも 限りがある

老いていくということは

幼い頃の純真な心を

取り戻していくことかもしれない


ひとりで 生きてはいけないけど

人から どう見られているか

年齢と共に 考えなくなった


老いていくことは止められないけれど

覚悟をすれば 不安は感じない


お金の奴隷にはならない・・・

それが恩師から教わった

いちばん好きな生き方


今を正々堂々と 

悔いなく生き抜きたい


次世代の若者に

今を生き抜く姿を

最後まで 魅せつける

それが 何よりも

価値がある生き方だと

やっと・・・ 信じれる



残りの人生は 若者の服創り

創作活動も支えていこうと想います


20150123katsu01



2015年 4月1日

新たな人生をスタートさせて頂きます

どうぞ 宜しくお願い致します



ありがとうございます

katsu mizutani.

posted by katsu mizutani at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自足に 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112508162
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

katsu20130920jp.JPG