2014年11月04日

フィギアスケートとの出会い

フィギアスケートとの出会い


2014.8.21 名古屋スケートリンク …

フィギアスケート衣装のオファーを頂き

村上佳菜子さんに お会いさせて頂きました。


19歳の彼女が、衣装作りに対し

純真な目で 心を開く姿勢に

私に ひとつの決心をさせてました。


彼女が納得できる衣装を創り出すことに

2ヶ月間を 無心で取り組んでみる。

35年間の服作りの何が役に立てるのか

私自身も 先が見えないスタートでした。

今想えば、夢を追う童心に戻れた機でしたね。


あの日、もうひとつ

いまでも忘れられないシーンがあります

大須リンク ロッカールームの陰から

佳菜子さんの姿をジッと追っている少女がいました


瞬きひとつせず、じっと見つめる姿に

自分の夢を重ねているでしょうね。

子供の眼は 本当に美しく輝きます

憧れや志が 子供の心を

育ててくれるものだと実感しますね。


特別に褒める訳ではないですが

佳菜子ちゃんの人に向き合う姿は

とても純真な方ですね。



人に褒められたり、けなされたりして

いろんな経験を重ねていく・・・

知らぬうちに 人の目を気にして

ビクビク生きていることに気づく時がございます。

弱気に自分の生き方を見失っている時かもしれませんね

それも社会が 創り出す病かもしれません。


私自身もコンプレックスをたくさん抱え

学歴社会を憎んでみたり・・・

美しいものを僻んでみたり・・・

しかし、不思議と今思えることは

美しいものは、醜いといわれるモノがあるから

頭が良いといわれるのは

頭が悪いといわれる方がいるから・・・。

ほんとうに賢いといわれる方は

そんな判断はしないと想いますね。


私の心の中に 大切にしている言葉がございます。

Never be slave to money.

お金の奴隷にはならない。

私には、それが自分を見失わない治療薬なんですね。


自分の経験で何が創りだせるのか

初心に戻り、真剣に向き合ってみる決心でしたね。



今回の衣装製作でも その言葉を噛み締め

何度も、何度も挑みました。

衣装のテーマは、「オペラ座の怪人」

ショートは、女性イメージ衣装

フリーは、男性イメージ衣装


このイメージから、すべてが始まりましたね。


IMG_8115.JPG



私の仕事は、山田満知子先生、

振付師、樋口美穂子先生の

イメージを如何シルエットに表現するか。

そして、何より佳菜子さんの演技しやすい衣装を創る。


この2ヶ月間、本当に多くのことを学ばせて頂きました。

満知子先生の美しさを追求する眼に

やはり一流の経験を持たれる凄さを実感いたしました。


そして、どんなに辛い練習の後でも

笑顔でフィッティングに応じる

佳菜子ちゃんに心から救われましたね。

同時にアスリートの厳しい現実を見せつけられ

私も新しい価値のある生き方を見つけれました。


毎日、そこに 満知子先生、美穂子先生

佳菜子ちゃんがいる ・・・

その周りに 多くのお母様のサポートがあり

その中で 衣装製作ができましたことを

心より深く感謝いたしております。

ありがとうございました。


いつも微笑ましい時がございました。

中京大学アイスアリーナへ練習に訪れる

子供たちがいます。みんな礼儀正しく

私は、隣に座る子供に尋ねます・・・


真央ちゃんや、佳菜子ちゃんを目指すの?

そんな問いには、必ず・・・最高な笑顔で

眼を輝かせ、うん、って答えてくれます。

それが、私も頑張れる・・・原点ですね。


佳菜子ちゃんが いつも力強く挑む姿に

私も自分の夢に 強気で挑もうと意気込んでおります。


2014. 11. 7 〜 9. ISU グランプリカップ中国

皆さまが応援してくださること願っております。

どうぞ よろしくお願い致します。


katsu mizutani.


posted by katsu mizutani at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Figure Skate
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105237552
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

katsu20130920jp.JPG